Top

ブログ/Blog

2022.03.03

まちづくり団体に関わるようになり思ったこと

とあるきっかけから、ここ数年まちづくりに深く参加させていただく機会が増えました。

まちづくり活動をしていて一番強く思ったことは、公共の場所や枠組みを使った活動において、「すべての人にとって正しい」ということはなく、「すべての人が正しい」という認識において進めなければならないんだなという事です。
自分やその組織の仲間たちが正しいと思うことを、情熱をもってやっても「違う」という正しい意見が出てきます。
それぞれの人の考え、立場、状況によって正しさは違い、絶対的な正しい事は無いという事です。 まちづくりに関わらず、多様性を理解していく事って、相手が正しいと思えることなんだろうなと「思える」ようになってきました。

しばらく自分や自分の会社とか自分の周りの人の事しか考えてこなかった自分に反省すると共に、こんなことを思えるようにさせていただいた活動に感謝です。
とは言え、まだ完全にそう思えているわけではない自分がいるのも事実です。
日々反省しながら、それを理解した上で、自分達のやりたいことをやらせていただき、出来るだけ多くの人に「正しかったね」と思っていただける活動をしていきたいです。

ブログ一覧

氏家正裕(うじいえ まさひろ)

株式会社仙台協立 代表取締役/日本商事株式会社 代表取締役
定禅寺通活性化検討委員会幹事/仙台ビルディング協会理事

宮城県石巻出身。東北学院大学法律学部卒業。 東京の橋梁建設会社を経て、1988年祖父の代から続く株式会社仙台協立へ入社。関連会社の日本商事(株)を活用した物件の募集、管理に限らず、入居者希望に合わせたリニューアルまでを行うことで、築古ビルの安定的な入居率維持と不動産価値の向上に取り組む。現在は、不動産に関する専門性を通して、地域の発展に貢献していくまちづくりにも力を入れている。

代表メッセージはこちら

Top

Copyright © SK Group, All Rights Reserved.